POWERSLIDE KAZE SC110

POWERSLIDE KAZE SC110

 

SPEC

2018年モデル
定価:円
インナー:インナー一体型
フレーム:Elite AL casted 243mm
ウィール:Powerslide Spinner110mm88A
ベアリング:Wicked ABEC9
備考
・Trinityフレーム

 

特徴

POWERSLIDE社の2018年モデルのインラインスケート。

Powerslide社独自規格のTrinityフレーム採用の高性能ソフトブーツ。
モデル名のSCはスーパークルーザーの略で110mmウィールを装着しているモデル。

110mmウィール装着モデルではあるが、Trinityフレームの恩恵で高さが抑えられ思ったよりも安定感が高く滑り易い。
また、110mm装着可能フレームの割には243mmと非常に短く取り回しにも優れる。

ラチェットバックルの位置を通常よりもずらしてあるので足首の自由度が高い。

 

サイズ

25cmを使用しました

 

外観

フロントフェイスはまるで普通のシューズのようです。
かっこいいし、クールで良いですね。

 

アウター

カタログを見る限りでは「グラスファイバー」という表記があるので「ガラス繊維強化プラスチック」製ということになるのだろう。
よくある「コンポジット」(合成材質)よりも上の素材と思われます。

 

サイドバンパー

サイドバンパーはこんな感じ。

交換はできないが、あるだけでも違う。

 

ブーツ裏側

フレームの取り付けはPOWERSLIDE社のTRINITYという独自規格です。
TAUと違い真ん中の穴は蒸れ防止にはあまり役に立ってないみたい。(貫通してないみたい)
フレームマウント(取り付け部分)がアルミじゃないのはちょっと残念。

 

留め具

スネ部

すね部分のバックルはメッキ仕様。
キラッ!とワンポイント!

 

足首部

ラチェットバックル。

最近の上位モデルはほとんどがラチェットバックルで、調整しやすいのが良い。

取付位置が変わっています。

通常品よりも足首のラチェットバックル位置が少し前にあります。

通常はここらへんです。

ラチェットバックルの位置を変えることで足首部分の左右の自由度が上がります。
その分自由に動かすことが出きますが、足の左右方向の支持力は下がりますので、スラロームなどでの使用では好みが分かれます。

 

足の甲

普通の靴紐の様ですが穴の位置が変わってます。

この位置に穴があるのは珍しいです。

 

 

インナー

このブーツはインナー一体型なので外せません。
一体化しているのでインナーとアウター(外側)がずれたりしません。力の逃げなどが無いので力の伝達に優れています。

 

インソール

インソール(中敷き)の裏と表。
よくある1枚モノです。
このままでもいいけど、替えるとさらに良くなります。

 

フレーム

Elite AL casted 243mm

エリートグレードのアルミニウム製、鋳造方式の243mmということになりますね。

Powerslide社独自規格のTrinityフレームです。

TrinityフレームについてはPOWERSLIDE TAU Carbonを参照してください。
特徴としては、低重心で力の伝達に優れたフレームのシステムです。

モデル名の”SC”はスーパークルーザーの略で110mm3輪仕様となります。

 

ヒールブレーキは別売りで取り付け可能なネジ穴が開いています。

滑走感は快適で直進安定性に優れます。
スピードもよくのり、高速滑走時の安定感は高いです。

その反面Trynityフレームの恩恵があっても高さが高いため、歩行など超低速時の安定性は低くなります。

 

ベアリング

Wicked ABEC9

標準装備のベアリングですが、上位のものが使われていて良く回ります。

 

ウィール

Powerslide Spinner110mm88A

過不足なく良い滑りです。
もっと良いウィールもありますがブーツとの性能バランスが良いです。

 

重量

気になったので重量を測りました

ブーツ単体:778g

 

フレーム&シャフト:254g

 

総評

滑ってみると通常では固定している部分が、フリーになっているのでとても可動域が広く、さらにPOWERSLIDEの特徴だと思われるクッションの厚さもあって、とても優しい感じのブーツに感じます。

TAUがガチガチのハードブーツならばKAZEはソフトブーツと呼べるでしょう。
まさしく風のように自由なブーツという表現が当てはまると思います。
これは気持ちいい。

そういえば、TAUに比べると履いた時のカカトの位置が少し高い(5mmぐらい?)と感じました。

 

※TAUとは、POWERSLIDE TAU Carbonのこと

 


FILA NRK Carbon

FILA NRK Carbon

SPEC

2017年発売~2019年まで継続販売
定価:円
インナー:インナー一体型
フレーム:アルミ231mm、239mm、243mm
ウィール:72mm、76mm、80mm/84A
ベアリング:ABEC7
備考

 

NRKシリーズの最上位モデル

FILA NRK NOSの後継モデルで基本的にはカラーリング変更のようです。
FILA NRK NOSの段階ですでに完成したような性能でしたので変更も無いのでしょう。

本体アウターシェルはカーボンを使用し剛性が非常に高く、ラチェットバックル、スネ部のベルトなど隙の無い装備。
くわえて価格がカーボンモデルの割にはそこまで高くないのも特筆に値するでしょう。

見た目もスッキリしていて履き心地も良い。

素直な乗り味で履きやすく滑り易い。
インナー一体型の特性で足の動きに対する追従性が非常に高く、低重心フレームの使用感も非常に良いです。

231mmフレームは76mmまでのウィールが装着できるとなっていますが、実際には中央部分の2個のウィールは80mmでも入ります。
このことを利用して、76mmと80mmのウィールロッカリング設定がオススメです。

FILA NRK NOS

 

ブーツ内側

 

付属品

六角レンチとステッカー、説明書

 

フレーム

アルミ製239mm低重心フレーム

 

ウィール

76mm84A

 

ベアリング

ABEC9

 

留め具

スネ部

バックル

 

足首部

ラチェットバックル

 

足の甲

シューレース(靴紐)、爪先部ベルト付き

 

インナー

インナー一体型の為、外すことはできません。

 

インソール

 

まぁ、普通。もっと良いものに交換したい部品です。

 

私は、シダス ウインタープラススリムに交換しちゃいました。

 

他モデルとの写真比較

 


FILA NRK PRO


NRK PRO GREEN

SPEC

2016年発売~2020年まで継続販売
定価:円
インナー:EXTREME FIT
フレーム:アルミ インジェクト
ウィール:HYPER CONCRETE 80mm84A
ベアリング:ABEC7
備考
・付属品はレンチのみ(ヒールブレーキはありません)

 

NRKシリーズの2016年モデル

NRKシリーズの2016年モデル上位機種は、ハードブーツ系とカーボン系の2種類があり、カーボン系インナー一体型はFILA NRK NOS、ハードブーツ系インナー取り外し式はPROとなりました。

PROのグレードを少し落としたブーツでNRK FUNがあります。
PROにはGREENとBRACKがあります。

 

留め具

スネ

従来通りのバックル。
安定の性能です。

 

足首


足首部分にはラチェットバックルを装備。
普通のバックルに比べて調整がし易いのが良い

 

足の甲


シューレースはFILAのロゴ入り平紐です。
インナー上部まで締められるので紐の長さは長めです。
ひで爺はインナーには通していません。
ここらへんは好みですね。

 

フレーム


フレームは新造です。
FILA独自の低重心フレームの新型で、フレーム長243mmで80mmまで装着可能です。
ALU INJECTEDと書いてあるので鋳造系の工法で製作されたものでしょう。
鋳造系の良いところは強度が必要な部分だけ太く強く出来ることですね。

 

インナー


インナーはEXTREME FITとなっています。

 


インナーは取り外しができます。
カカト下にクッション素材が張り付けてあります。
ひで爺的にはこの白い部品は邪魔なので取っちゃいました。
カカトが高い、前のめりな感じがするって思った人は取っちゃっても良いでしょう。

 


前から見た状態。
これはなかなか良いぞ!

 

インソール

 



それっぽくなっているけどインラインスケートに始めっから入っているインソールはかなりしょぼい。
そのままの状態だと横幅が狭く感じたりするけど、ちゃんとしたインソールを入れると劇的に履き心地が変わります。
もちろん操作性も別次元ですね。
インソールだけは初めから変えたい。
1,000円のものでも良いので交換を。
カカトの裏に硬いパーツがくっついているものが良い。

 

ウィール

ウィールはCONCRETE+Gが標準装備!

素晴らしい!

ウィールサイズは80mmまで入ります。

 

その他

サイドバンパー

よく地面などにする部分なのでこれが別パーツなのは嬉しい

 

フレーム取付部アルミマウント


フレームのマウント部分にはアルミプレートが埋め込まれています。
これがやっぱりかなりの効果あるんです。

 

ショックアブソーバー


カカトには衝撃吸収素材。
両端の黒いのは、カフボタンの部品からインナーを守る為の素材。
無いとその部分のインナーがボロボロになる。

 

滑走感想

インナーの心地良さはやはりインナーレスには無い快適さですね。

・足首は前に良く曲がる。
ちょうど良いぐらいの硬さで曲がるのが良い。
曲げようと思ったら曲げられるよ、って感じ。

・低重心
FILAの特許技術らしい低重心フレームがやはり良い。
同じウィールでも3mmぐらい低いので安定感や操作性が良い。
そのくせスピードは出せる。

・フレームが変わっている
カタログを見ると軽量鋳造アルミフレームとなっている。
鋳造とは型に金属を流し込み形にする工法。
最近主流のアルミフレームの工法はアルミサッシのように押し出し成型したものを加工している。
利点は前から見た時に同じ形にしなくても良いこと。
必要な部分だけ厚くすることができる。

・まとめ
操作性、安定性、共に良い。
価格が高くって良いならカーボンブーツの方が良いが、価格と快適性を重視すれば、このブーツもかなーり良いのでオススメです。