POWERSLIDE DOOP TRINITY SWIFT110

POWERSLIDE DOOP TRINITY SWIFT110

レポート作成日時:2018年5月31日

 

SPEC

2018年モデル
定価:円
インナー:ありません
フレーム:Trinity Elite AL casted 243mm
ウィール:Powerslide Infinity 110mm86A glow in the dark PU
ベアリング:Wicked ABEC9 Chrome steel
備考
・Trinityフレーム
・ヒールブレーキ付き
・一般の靴のままインラインスケートを装着する
・サイズ調整機能付き

 

特徴

POWERSLIDE社の2018年モデルのインラインスケート。

POWERSLIDE社のインラインスケートの2018年新製品です。。
DOOPシリーズは2017年から全種TRINITYフレームに変更になりました。

DOOPシリーズの特徴は、、、
・大人用なのにサイズ調整ができる
・靴の上から装着できる

 

サイズ

サイズ展開はこんな感じ。
SとMが存在するようです。

 

外観

インナー部分がない上に、装着し易いようにアウターシェル(外骨格)の上面が無いので独特な風貌です。

 

ストラップが普通とちょっと違いますね

 

アウター

 

カフ

これはビックリ!
LEDライト付き。

 

ブーツ裏側

フレームの取り付けはPOWERSLIDE社のTRINITYという独自規格です。

 

留め具

スネ部

よくある普通のバックルです。
LEDライトが装着されています。

 

足首部

ラチェットバックル

 

足の甲

この部分もラチェットバックルです。

 

インナー

一般の靴がそのままインナーになります。
靴を履いたままで装着します。

足首部オープン

 

フレーム

Elite Casted Trinity3×110mm Aluminium
フレームはKAZE SC110と同じもの。
直径110mmのウィールが3輪ついています。

 

ヒールブレーキ

KAZEと同じフレームがついていますが、DOOPはヒールブレーキがさらに付属してます。

上にかぶせてネジで装着するタイプ。

ベアリング

Wicked ABEC9です

 

ウィール

ウィールは蓄光素材のInfinity110mm85A
明るい時に光を吸収して暗くなるとぼんやりと光るのです。

 

サイズ調整

サイズ調整はフレーム取り付けネジのカカト側を外して、、、

 

こんな感じに足首から上をスライドする感じ。

 

ネジ穴が4つあるので4段階かな?

 

 

総評

XSJADOの最初の頃のブーツも持ってますがそれと比べると、向こうはアグレッシブモデルでこっちはフィットネスモデルって感じです。

さすがに110mmの3輪という今流行りのセッティングで走破力もスピードも出しやすく滑りやすいです。
加えて、自分の靴で履けるのでフィッティングもよく、履いた時には”それまで履いていた靴を持たなくて良い”というのは結構身軽で心地良いです。
しかも、滑走性能はXSJADO譲りのアグレッシブだってこなしちゃうぐらい高い性能と剛性。
XSJADOの初期ブーツのレビュー書きました
当時のものと比べるとカフが曲がるのが良いのか悪いのか変わりましたがTrinityフレームの低重心で扱い易さが加わり面白いブーツになったのは間違いないですね。

LEDライトや蓄光ウィールはオマケ的ですが、夕方や夜の滑走を考えるとありです。
冬は夕方も暗いですから今から楽しみです。

 


写真集

 

 

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です