SEBA SKATEJAPAN FR-HIGH07

UniverSkateJapan FR-HIGH

FR-HIGH写真1

2007年発売
定価:39,000円
インナー:カスタムライン
フレーム:アルミ243mm
ウィール:80,80,80,80
ベアリング:ILQ-9
備考
・保護サイドパッド付
・カフボタンによるカント調整可能
・フレーム取付け穴7箇所変更可能
・ヒールブレーキ未対応

カタログより抜粋:

フランスのプロスラローマー”SebastienLaffargue”が開発に携わったスケートブーツです。各パーツはこだわり抜いて作られ、それらを組み上げたブーツは日本系・欧州系などのスタイルを問わず、あらゆるスラロームスタイルに最適です。今までのどんなブーツよりも的確にあなたの滑りをサポートしてくれるはずです。

2007年ついに新生SEBAモデルが登場する。従来のSEBAモデルに比べ、より高いレベルでのパフォーマンスが出きるようにさまざまな工夫がされている全くの新モデルだ。

日本販売サイズ:EU34~47

感想:

2007年より日本に上陸したインラインスケートブランドUniverSkateJapanの2タイプある内の一つ。
もう一つのSEBA-HIGHは昨年からのマイナーチェンジだったのに対して全くの新モデル。
海外ではFR1と呼ばれているモデルで日本ではFR-HIGHと呼ばれている。
その関係か箱にはFR1と明記してあるものもある。 FRはフリーライドの略。

カント調整可能カフボタン

Sebastienらしいこだわりが各所にちりばめており、最近のブーツでは無くなってしまったカフ部分でのカント調整が可能になっている。
カント調整をおこなうことで各人の脚形に合わせて左右にカフの取り付けを調整できる。
エックス脚の人や極端なO脚の人は特にカント調整をすることで操作性が上がるので試してみて欲しい。

ラチェットバックル

足首部分のラチェット式バックルは目新しいものではないがあると便利。
微調節がしやすくきつく締めるのに少ない力で締めることができる。その反面、締めつける力は普通のバックルよりもややおちる。
締め付ける力は、ベルト<<<ラチェットバックル<バックルという感じだ。
足首部分の可動域は十分ある。

シューレース

いわゆる靴紐はとても長いものが付属していてインソール上部までしっかりと締めることができる。
上部まで締めると脱ぎ履きがし難く足首部の可動の妨げになる気がするので私は使っていない。
同じように上部まで締めない人は靴紐を変えよう。靴用のもので良いが伸びないタイプのものを選ぼう。
上部まで締めるかどうかは完全に好みだ。好きなように履こう。

サイドパッド

サイドパッドはありがたい部品。滑走中にすりやすい部分なので耐久性がかなりアップする。
ただし、交換パーツは売っていないのが残念なポイントだ。

フレーム取り付け部

驚きの7箇所もの穴がある。どこにでも装着可能になっている。フレームの長穴と合わせるとかなり幅広い調整が可能だ。
取り付け部がアルミなのもポイントが高い。剛性がかなり違うだろう。SALOMONでいう強化リンクみたいなものだろう。
それよりも埋め込まれているので期待できるだろう。ただし、内側から見るとこの部分の仕上げが汚いように見えるのが残念といえば残念なポイントだ。

調整プレート

インナーのカカトにはショックアブソーバーを兼ねた調整プレートがつく。4種類もあり、色と硬さが違う。好みのものを使おう。
私は一番やわらかいものを使用中。

フレーム

フレームは6000番台のアルミを使用とのこと。6000番台のアルミと言っても様々な特質があるのだが詳細は不明である。
標準仕様のフレームとしてはさすがだなという感じ。標準でも十分な性能だがグレードアップしてみるのも良いだろう。

アウターとインナー

サイズによってなのだがアウターとインナーにズレがあるように思える。特につま先部分に空きが非常に大きく気になる。
インナーのサイズよりも大分大きめのアウターのように感じる。私の使用しているサイズは24.5cmなのだが一番ズレが大きいようで横の穴から指が一本入る。ただしハードタイプのアウターのおかげか操作性にはなんら問題はない。
もしもすごく気になるという人がいたらインナーの脚の甲部分、調度紐で締める部分のアウターとインナーの間にに布かスポンジを重ねるとフィット感がグッと高まる。

FR-HIGH写真2
FR-HIGH写真3

カフボタン。この部品でブーツでのカント調整が可能。自分の好みに合わせて調整できる

白い部品がサイドパッド。この部品のおかげで穴が開きにくくなる。換え部品があればもっと良いのだが。

FR-HIGH写真4
FR-HIGH写真5

足首部分のバックルはラチェット式。微調整がしやすい。

フレーム取り付け穴が7個づつある。フレームも左右にづらせるのでフレームでのカント調整の幅がかなり広いことになる。

FR-HIGH写真6
FR-HIGH写真7

インナーのカカト部分。ここに付属のプレートを付ける

付属のプレートは4種類。インナーのかかと部分に付ける。

FR-HIGH写真8

フレーム。材質はアルミ6000番台とのこと。材質の細かい数値は不明。長さは243mm。8mmシャフト用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です