SALOMON Deemax2

SALOMON DEEMAX2

SALOMON DEEMAX2写真1

2003年発売
定価:open price
インナー:カスタムフィット
フレーム:アルミ237mm、247mm
ウィール:76,76,80,80
ベアリング:ABEC5
備考:
・UFS対応

カタログより抜粋:
細かいターン性に優れ、尚且つ速いスピードが出せる。
街で滑走する為に開発されたが、高水準のトリックスラロームにも使用する事が可能である。

インナー:カスタムフィット(熱成型フォームで個々の足型にフィットすることが出来る)
フレーム:アルミハイ・ローフレーム。(26.5cm以下は237mm、27cm以上は247mm)
日本販売サイズ:
23.0 24.0 24.5 25.0 25.5 26.0 26.5 27.0 27.5 27.5 28.0 29.0 30.0

感想:

2003年モデルはCrossmax2が日本未入荷だった為にDeemax2が最上級モデルであった。

インナーに特徴がある。
アキレス腱部分に出っ張りがあり、足型が合う人にはしっかりとしたサポートがあり好評だったが、ひで爺は足型が合わなくてまぁまぁな感じ。
2002年のCrossmaxや2001年のスクリーマーなども同じようにカスタムフィットであったが、それとはインナーの形状が違っていたようである。

本体は特に足の底側部分がメッシュになったのが大きな変更点であろう。
FSKの文字はインナーに施されている。

フレームは2002年モデルのDeemax同様の片方から締めるタイプの8mmシャフトを使用。
メンテナンスが容易なのが特徴。スピード仕様とも言われ、多少ではあるが軽量化されている。
2002年モデルのDeemaxフレームと違いはカラーのみである。
材質はアルミ製でハイ・ロー仕様になっており76mmと80mmのウィールが標準装備。
たしか、ツインカムのABEC5ベアリングで性能はかなり高かった。

SALOMON DEEMAX2写真2
SALOMON DEEMAX2写真3

左から、本体、インナー、ショックアブソーバー(カカト)、ショックアブソーバー(足裏)。
ソックアブソーバー(カカト)は一つの部品で構成。

こんな感じに収まっています。
この上にインナーを入れます。インナーは洗濯できます。

SALOMON DEEMAX2写真4
SALOMON DEEMAX2写真5

インソール。悪くない。このままで文句無し。

インソール裏側。何気なく凝っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です