POWERSLIDE PhuzionD2 B&W

POWERSLIDE PhuzionD2 B&W

PhuzionD2 B&W写真1

2008年発売
定価:29,400円
インナー: シューズになる
フレーム: アルミ
ウィール:80,80,80,80
ベアリング:ABEC5
備考
・ヒールブレーキ付属

感想:

インナーブーツがそのまま靴になっているブーツ。
ブレード・アンド・ウォークの名前の通り、スケートと歩きが同時に味わえる。
フレーム部を外せばそのまま歩行が可能なのでスケートで移動してお店に入る時には歩行する、というのが楽に出来る。
現在(2010年)購入可能な『歩行&滑走』が出来るブーツとしてHYPNO社のブーツもあるがそれと比べると、
歩行し易く滑走し易い。ただし歩行時の荷物がかさばる。
フレーム装着の時間はHYPNOに負ける。

写真のものはレディースモデル。
サイズが24.5cm以下はレディースモデルとして写真のようなカラーリングとなる。
性能上の違いはないのでカラーリング違いと思ってよい。
25cm以上のサイズではブラックカラーとなる。

標準装着されているフレームはアルミ製だがアルミなのにプラスチックじゃないかってぐらいの性能。
出来れば余っているアルミフレームに変更したい。
フレームを交換するだけでかなりの性能アップが見込める。
滑りが軽くなるので疲れ方が大分違った。

歩行時はブーツ本体は荷物となるがコンパクトに折りたたみが出来るのがありがたい。
カラビナや肩掛けかばんようのヒモなどを使用すると持ち運びがさらに便利になるのでオススメ。
歩行に問題はない。

我が家では近所の散歩、買い物、お茶しに行くのに使用中。
運転も問題なく可能。

PhuzionD2 B&W写真2
PhuzionD2 B&W写真3

フレームはアルミだが性能はエントリーモデルクラス

インナーは靴になっている。

PhuzionD2 B&W写真4
PhuzionD2 B&W写真5

インラインスケート本体。インナーである靴をスネ部分のパーツでベルト締めで固定する。

スネ部分のパーツを閉じた状態。

PhuzionD2 B&W写真6
PhuzionD2 B&W写真7

コンパクトにまとめることが可能。カラビナなどでくくれば持ち運びも楽。

キーホルダーが付属。

PhuzionD2 B&W写真8

FR-HIGH08のフレームを装着してみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です