フォワードスネーク・中級

フォワードスネークをレベルアップしよう。

基本的に気をつける点はクロスもスネークも同じ。
クロスを先にレベルアップするのがオススメ。

ステップ1

腰を低くしよう。

なるべく腰が低くなるように心がけながら滑ろう。
ただし、腰から上半身を折るような形(おじぎのような形)ではなく、しゃがむ感じにする。
足はがにまた状にすると腰が落ちやすい。

お尻が後ろに突き出ないように気をつけよう。

これも同じように上半身を折るような状態になっているので、真っ直ぐに立ち、その後にしゃがむようにしよう。
それでもまだお尻を後ろに突き出すような姿勢の場合には足首を曲げてすねをタンに当てて膝を前に出すようにすると改善できはず。
わかり難い場合にはインラインスケートを履かずに姿勢をチェックしてみよう。
腰が落ちると下半身のみでスネークやクロスが綺麗に出来るようになる。

腰を落とすことを心がける

インラインスケートはウィールの付いているフレームを倒すことで先回性を増やすことが出来る。
腰を落とせば膝の位置を調整でき、多彩な動きが出来るようになる。
体重の移動やエッジ操作など出来ることが広がるようになる。

ステップ2

上半身が動かないようにしよう

腰が十分に落ちてくると上半身を使わなくてもスネークやクロスは出来るようになってくる。
右足が前に出ると自然に骨盤は右側が前になる。
同じように上半身も合わせて右側の方が前に来るようにしよう。
右側が前と言ってもショルダータックルのような感じではなく、身体の中心線から横に回す感じにする。
基本は骨盤と同じようにする。
この状態から上半身は動かさないようにする。
ただし力で動かないように止めておくのではなく上半身を振らないように心がける。
段々と腕を振らないようにして、最後には上半身が下半身で振られないようにしていく。

まずは腕を振りすぎないようしよう

先行足側の肩を反対側の肩が追い越さないようにしてみよう。
右足先行ならば、左肩が右肩よりも前にならないように注意する。
特に左から右に移動する際になりやすいので気をつけよう。

ステップ3

上半身が動かなくなってきたら、さらに腰を落としていこう。

右足先行の場合、左側から右側へ移動するさい右膝を開くように倒すようにしよう。
膝が進行方向を先行するようなイメージだ。
左側に移動するさいには右膝を左足にかぶせるイメージとなる。

スネークは見えないパイロンをクロスしたイメージ

クロスはパイロンを交差した状態で抜けるが、スネークは見えないパイロンをクロスしたイメージとなる。
この為、スネークを極める為にはクロスの上達が不可欠になるだろう。