フォワードパラレル

フォワードパラレルとは

両足を横に揃えパイロンの間を左右に滑りぬけます。
初歩中の初歩の技ですが奥の深い技。
歩く程度に滑れるのであればチャレンジできます。
フォワードとは前方向という意味で、略すことが多くパラレルと呼びます。

WMV形式動画1M MPG形式動画1M

フォワードパラレル練習法

step1. パイロンの間を歩こう

最初はパイロンの間を左右交互に避けながら歩きます。
最初は4歩づつで次のパイロンへ。
次は3歩、2歩、1歩と少しずつ歩数を減らして行きましょう。

人それぞれペースがありますのであわてずに歩数を減らすように練習してください。
慣れれば自然に歩数を減らせます。

step2. パイロンの間を滑ろう

歩数を減らしていくと1歩ずつで左右に切りかえして滑るように進むことが出来るようになります。
最後のこの1歩が大切で、これが加速の基本になります。
基本中の基本なので慌てずにしっかりと練習しましょう。
0歩でのパラレルが出来るようになっても加速が出来ない場合は1歩でのパラレルの練習に戻ってください。

Step3. 両足を揃えてみよう

徐々に上げ足の上げ方を小さくして足を上げずに荷重を抜くようにするとフォワードパラレルの完成です。

CHECK!!

基本中の基本なので慌てずにしっかりと練習しましょう。
後ろに転びそうになった場合には荷重が後ろになり過ぎています。気をつけましょう。
なるべく膝、足首を曲げ腰を落とすように心がけましょう。
両腕が開いたり上がってきてませんか?上半身は力を抜いて滑りましょう。
両足揃えてのパラレルが出来るようになっても加速が出来ない場合はStep2の練習をしましょう。

ステップアップ!

フォワードパラレルが簡単だ、という方は下記にチャレンジしてみましょう。

・ゼロパイロンアタック

助走をパイロン一個分にして練習してみましょう。
パイロン10個以内で自分の最高速が出せるようにがんばってみましょう。

・走り抜ける

step2を最速で抜けてみましょう。

・タイムアタック

タイムを計って最速タイムを目指して見ましょう。
最速を目指すためには助走がものをいいます。
2~3歩目までは下を見て助走区間は全て歩幅を小さく両足の形はV字、スケートは滑らせないように歩数をより多くとり足の回転を速くするように練習してみましょう。
最高速でパイロンに入れるようになったら今度は外足で加速していたものを内足で加速するようにします。
ある速度から先は外足での加速では追いつかなくなります。