インラインスケートの保管方法

インラインスケートの保管方法

保管方法が悪いと痛みが早い

保管方法が悪いとブーツが早くに悪くなってしまいますので注意が必要です。
インラインスケートの内側のふかふかの部分は汗を吸ったりしています。
これを陰干しするだけでもちが格段に違います。

保管方法

滑走し終わった靴は汗を吸っています。
この湿気を取り除いてやるのがもちが良くなる保管法。
同時に脱臭もしちゃえば1石2鳥。

保管場所

風通しの良い場所がベスト。
玄関が空気の流れが必ずあるので良いですが、部屋の中でもOK。

車の中での保管はダメ

陰干しすると少しづつですがクッションも戻ります。
車内は換気されておらず密閉空間なので湿気がいつまでも靴の中に残ります。
車内保管のみよりも陰干ししたやつは心もち、ふっくらしてますよ。

臭いが気になる場合

やっぱり靴ですから臭います。
フィルターにかけて使い終わったコーヒー豆をティーパック用の紙にいれ、滑走後のブーツの中に入れると消臭効果があります。
市販の靴用のものでもOK! 100円均一とかにもあるよ。

ファブリーズも、もちろんいいですね。