インラインスケートメンテナンス編

インラインスケートを楽しく使い続けるためにメンテナンスをしましょう。
特にウィールローテーションは面倒くさがらずに頻繁におこないましょう。
磨り減ってくると滑り心地や操作性など色々と変わってきます。
磨り減った状態でウィールローテーションをおこなうと減った状態とローテーション後の操作性などがかなり変わり違和感を感じます。
滑り難い状態になってますのでその状態に慣れるまで結構な時間がかかりその間の時間と本来楽しく滑れる時間が無駄になってしまいます。
そこでいつでも同じような状態で滑れるように頻繁にメンテナンスをしましょう。
これにより無駄な滑走時間がなくなるので結果的に早く楽しく滑ることが可能になります。
早めのウィールローテーションをすれば「曲がらない~」という悲しい目にあわなくてすみますよ!

インラインスケートの保管方法

保管方法が悪いとブーツが早くに悪くなってしまいますので注意が必要です。

通常のメンテナンス

インラインスケートのメンテナンス(お手入れ)をしてみましょう。

ウィールローテーション

ウィール(インラインのタイヤ)は滑っていると段々と磨り減ってきまが滑り方や路面等により均一に減るわけではありません。
そこで均一にウィールを使いつづける為にはウィールのローテーション(配置換え)という作業が必要になります。

各種洗浄

使っていると汚れてきます。
特に夏場などは汗を沢山かきます。
プロテクターやインラインスケートの洗浄方法を紹介します。

セッティング

ロッカリングやカント調整について紹介します。