Tストップ

かなり難易度の高い技でバランス力が必要になります。
この時点ではまず出来ないかと思いますが、人によって出来る人もいますのでこの時点で紹介します。
狭い場所でも使えるブレーキ技ですのでこの時点から少しづつ練習しておきましょう。。

LESSON 1

準備

足をTの字に揃えます。
利き足を進行方向に向け反対の足を横に向けフレームの真中に利き足のかかとをつけます。
この時の足の形がTの字になります。
利き足の膝の上を利き足側の手で掴み前を向きます。

1.利き足を前に一歩滑らせます。

2.反対の足を持ち上げて最初のように利き足の後ろまで持ってきます。

3.1と2を繰り返し練習する。

LESSON 2

慣れてきたら後ろの足のインエッジ(ウィールの内側)を地面に軽くこすらせてみましょう。

LESSON 3

前に一歩滑って出る時に少し勢いを付けの距離を伸ばし、後ろ足はインエッジを地面にこすらせたまま前に進みます。
慣れてきたら滑っている状態から後ろ足を横にして地面にこすらせて減速してみましょう。
最初のうちは回転してしまいますが利き足一本にしっかりと体重を乗せることが出来るようになると回転しなくなります。
余裕がでてきたら緩い傾斜で練習してみましょう。

回転してしまう原因と対策

1.すらせる足に体重がのっている。

利き足に体重を乗せるようにする。

2.足がTの字ではない。体が開いている。

連続シザースの練習をおこなう。足はなるべくTになるように気をつけましょう。

あまり上手くいかない場合にはスラローム初級の練習をしていくと段々できるようになってきます。