4.滑ろう

4.滑ろう

歩くことが出来たらその応用である、スケーティングの練習に移ります。
前に足を出した時に前に重心を移動すると前に進みます。
これを交互に行なうことをスケーティングと呼びます。
足はなるべくVの字を保つように、足を置く時は歩く時と同じように
両足の間隔は狭くするように心がけてください。
慣れてきたら、後ろ足で少し前に押すような感じにしてみましょう。
先ほどよりも一歩での滑りが楽になります。