インラインスケートの構造

インラインスケートブーツの各部の名称と構造

まずはインラインスケートブーツのことを知りましょう。ここでは各部の名称と機能を説明します。

インラインスケートの構造

インラインスケートブーツは大きく分けて上部のブーツ本体と下部のフレーム部分があります。
(一部のブーツでは外すことが出来ません)

インラインスケートの構造

上部ブーツ本体

足を固定する部分
写真はバックルやベルト、靴紐で固定するタイプ。

インラインスケートの構造

下部フレーム部

ウィール(タイヤ)をブーツに固定する部分。
写真はウィールを取り外した状態。

上部ブーツ部

カフ

カフ

インラインスケートの足首より上の部品。写真の指差している赤い部品。 通常二つの専用ネジで止まっている。 カフの取り付け角度を変えることでカント(足の傾き)調整が出来るモデルもある。

バックル

バックル

ブーツによって付いている箇所が違う。 バックルは装着が簡単でしっかりと足を固定出来る。バックルだけのブーツは装着時間が異常に早い。 数段階に調節可能で非常に保持力が高い。

ベルト

ベルト

ブーツによって付いている箇所も違えば無いモデルもある。 バックルよりも安価のようで上位モデルではバックルに変更しているものもある。 転んだ際に地面にこすって切れてしまうこともある。 バックルよりも締める力が弱いのでバックルの簡易版と考えて良い。 ただしバックルよりも軽量で小さい為、あえてベルトを使用する場合もある。

靴ひも

シューレース

靴ひものこと。 ベルトやバックルよりも装着はし難くく時間はかかるがしっかりと締めればフィット感に優れ、交換も容易。 締める力はバックルには全然適わない。 シューレースのみのモデルも存在する。

インナー

インナー

ブーツの中に入っているクッション部分。外れないモデルもある。外せるものはインナーの洗濯が可能。 インナーは使っていると段々とへたってくる。 選択&陰干しをおこなうと多少復活する上に清潔なので出来れば外せるモデルを選びたい。

インソール

インソール

通称”中敷”。ブーツの中に入っている。 足型は人それぞれ全然違うので足が痛い場合には安いものでもかまわないのでまずはこの部分を変えてみよう。

下部フレーム部

フレーム

フレーム

ウィールを取り付けている部品。ブーツ本体とネジ2本で取り付けられている場合が多いが外せないものもある。 最近ではVタイプとUFSタイプならば同じタイプの違うフレームに交換できるのでオススメ。 材質はプラスチック樹脂、アルミ、カーボンなどがあり カーボンが一番軽量で性能が高いが価格も高い。 アルミが普通にオススメ。 出来ればアルミを選びたい。樹脂系のものとはまったく違う。 ぜひアルミ!どうしてもアルミ!ってぐらい。 カーボンコンポジットというのもあるがこれはカーボンが混じっているという意味。 性能はほぼ樹脂だと思っていい。

ウィール部分図解

ウィール部分図解

ウィール部分は図のような感じに組み立てられている。 外側から、シャフト、ベアリング、ベアリングスペーサ、ウィールとなっていて、 ウィールに片側のベアリングを装着してベアリングスペーサを中に挟みもう一つのベアリングを付ける。 このウィールをフレームに挟みシャフトで締める。

→ウィールについて詳細

シャフト

シャフト

ウィール(タイヤ)をフレームに止めているネジのこと。 長さ、太さ、形状にいくつか種類があるので対応しているシャフトを使おう。 写真は8mmの片側から締めるタイプ

ウィール

ウィール

インラインスケートのタイヤをこう呼ぶ。 ウレタン製のタイヤで中心部のプラスチックをコアと呼ぶ。コアが無いコアレスもある。~Aは硬さを表し屋外では80A~84Aが好まれる。 アグレッシブではもう少し硬い。~mmは直径。72mm~80mmが一般的。アグレッシブではもっと小さい。消耗品。

ベアリング

ベアリング

ウィールの回転性能を決める重要な部品。これが回らないとどんなに良いブーツでもどんなに良いウィールでも何の意味もない。 ABECやILQの後の数字はベアリングの性能を表す。 1が一番回らず数字が高くなればなるほど高性能。ただしこの数字はベアリングメーカー各社の独自の数値。 A社のABEC5とB社のABEC7でもA社のABEC5の方が性能が良い場合も多い。同じメーカーで比較しよう。 良いベアリングは怖がらなければ良く回るので、スケーティング回数が減る為バランスを崩し難く力を抜いて楽に滑れるようになるのでオススメ。 怖い時は性能を落とすのも良い。消耗品。

→ベアリングについて詳細

ベアリングスペーサ

ベアリングスペーサ

ベアリングとベアリングの間に挟む部品。入ってないとウィールが回らない。ウィールが回らない場合には入れ忘れてないかチェックしよう。8mm用と6mm用があり写真は8mm用。

ヒールブレーキ

ヒールブレーキ

右足のかかと部分に付いている減速装置。これを地面に擦り付けて減速する。材質はゴム。消耗品。