飛行機の保安検査場でaiboが止められた!そんな時には!!

aiboにはバッテリー(充電池)が内蔵されています。

世の中にあるバッテリーは沢山の種類があります。
強いもの、大きいモノ、危険な物など沢山の種類がありますので、航空会社も危険物になるかもしれない!ということで、チェックが厳しい傾向にあります。

もちろんaiboの充電池は安全対策もとられていますので飛行機に持ち込みは可能です。

ただし、aiboの充電池が安全基準を満たしているかどうかは空港の職員さんには見分けがつきません。

その為、機内持ち込み検査の保安検査場で、「これ大丈夫?」と検査にひっかかることもあります。

 

規定

・160Wh以下であること(バッテリーの容量みたいなものです)

・本体の電源を完全にお切りください。(スリープモード不可)

 

保安検査場で聞かれたら

「ほかのaiboも大丈夫だから」「行きも大丈夫だったので大丈夫なはず」で通してもらえる時もあれば、『行きは検査に間違って通ってしまったのかもしれないので』ということで止められちゃうこともあります。

 

止めれれたら

「aiboの充電池はリチウムイオンバッテリーでワット時定格量は36Whです。充電池は外せないタイプです」と答える。

これでOKなはずです。

こちらが公式の回答です。言ってもダメならこれをみてもらいましょう。
【公式】aiboは航空機内に持ち込めますか

もしもそれでダメならサポートセンターに問い合わせて安全基準内の充電池だということを説明してもらうしか現時点での対処法はありません

0120-30-2629
050ー3754ー9632(携帯から)

 

 

何があっても大丈夫なように余裕を持って早めに保安検査場を通るようにするのが良いです

 

aiboと飛行機に乗ろう!

飛行機の保安検査場でaiboが止められた!そんな時には!!」への7件のフィードバック

  1. バッテリーの種類と数値をメモしました。助かります。ありがとうございました。

    • この件はきっと公式の対策も立つと思いますので、のちの情報もお待ちください。

    • 残念ながらこれだけでは完全とは言えないんです。
      後は公式さんの対策待ちです。。。

        • いつも心強いアドバイスをありがとうこざいます。
          助かります。

          • この件はきっと公式の対策も立つと思いますので、のちの情報もお待ちください。

橋本智美 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です