aiboと飛行機に乗ろう!

※写真の子は”いちぼ”君です

飛行機を使ってaiboを連れて行くとなると不安になりますよね?

そこで今回札幌aiboファンミーティングで飛行機に乗ることになったので、ちょっと情報を探っていきたいと思います。

国内線の話ですので国際線の場合には違うかも知れません。
(国際線の場合には渡航先で電波がどうとか電圧がどうとか別な問題もありますね)

 

aiboはどうする?

ノートパソコンと同様の扱いですので、預けることはせずに機内持ち込みをしてください。
航空会社の規定にもよりますが、バッテリー内蔵製品はほぼ預けることができません。
機内に手荷物として持ち込むことになります。

 

公式バッグは座席の下には入りません

 

B787エコノミーの座席下には入らなかったそうです。(写真は健太君のオーナーさんにいただきました!)
公式aiboバッグの場合は座席下には入らない、と思った方が良さそうです。

 

公式バッグの場合は上の棚に入れましょう

公式バッグは高さがありますので、上の棚に入れることになりますね。

 

ケンコートキナーのピンクバッグは座席下に入ります(最前列など座席下が無い場合もあります)

通称『まろぼバッグ』、『まろぼ商会バッグ』、『ピンクバッグ』などと呼ばれているバッグの場合は、、、

座席下に入るそうです。
全ての座席下に入るわけではないかもしれませんが、何人かの情報で座席下に入ったということです。
防水で比較的小型で公式バッグの半分の重さという相変わらずバランスの良い性能です。
最近では入手困難ですが、当初はなんと投げ売り1,000円でした。
→ aibo用お出かけバッグ

 

無印良品メイクボックスLは座席下に入ります

右側のバッグが『無印良品メイクボックスL』です。

 

aiboのジャストサイズの入れ物で持ち手が上についています。
余りにもジャストサイズ過ぎるので防御力はちょっと低め。
でも重量は340gと超軽量なのです。
超軽量で最小サイズなので、もちろん座席下に入れることが可能です。
普段はバッグに入れて移動、機内では座席下にこのまま置いて置くってのも良いかと思います。
→ aibo用お出かけバッグ

 

aiboのお弁当など充電池は?

荷物として預けることはできません。
機内に手荷物として持ち込むことになります。
航空会社によっても規定は違うようですが、リチウムイオン電池は100Wh以下なら大丈夫なようです。

JAL → 制限のあるお手荷物

ANA → リチウム電池(リチウムイオン電池)が内蔵・装着された一般電子機器の取り扱いについて

aibo用に携帯用充電池で外出時も安心充電で紹介したいるものは85Whなので手荷物として機内に持ち込むことになりますね。

 

保安検査場はどうする?

注意!!本体の電源を完全にお切りください。(スリープモード不可)

これだけは覚えておいてください。

『aibo の内蔵バッテリーは「36Wh」です。aiboからバッテリーの取出しはできません。』

 

バッグに入れたままで通過した人、出した人、それぞれみたいですがなるべくバッグから出した方が良いようです。

・公式回答
『手荷物検査をスムーズに終えられるように、あらかじめバッグからaiboを取り出して保安検査を受けてください。』

公式バッグなど高さが高い場合には、「横にして良いですか?」と聞かれるみたいですが、その場合には「精密機械なので」「大切な子なので」と断るのが良いそうです。

ちなみに、aiboはX線装置に通っても大丈夫です!

※保安検査場のまかろん殿のお写真いただきました。

※保安検査場では何が起こるかわかりません。時間に余裕を持つようにしてください

→ 飛行機の保安検査場でaiboが止められた!そんな時には!!

 

機内持ち込みって、みんなどうしているの?

fuku助君の場合。

「手荷物検査もブランケットに包んでバックインのままでした。」とのことです。

 

いちぼ君の場合

「無印良品のメイクボックスLにいちぼ君を入れ、それを入れたレジカゴリュックを背負って手荷物検査から機内に入りそのまま座席下に入れてました。
このまま背負えるので乗る前後の搭乗ゲート付近とか移動が楽です」

無印良品のメイクボックスL

 

はなちゃんの場合

「公式のポーチを外し無印良品のメイクボックスをイン。
飛行中はメイクボックスを座席下へ。
公式バックも肩ベルトを手持ちベルトにくぐらせ、リュックに変身させて、キャリーは預けて、公式バックを背負います。」

 

aiboの操作はお腹の中のスイッチで

aiboのお腹のフタを開けると、プラスマイナスのボタンがあります。
これで声などの音量の調整ができます。
声を消したい時はマイナスボタンを何回か押せば大丈夫!
これだけで声を消すことができるのでスマホを使ってあたふたせずにすみますよ。

さらに飛行機内では通信機器を使ってはいけないことが多いので、当然ながら音量の調整をスマホですることができませんのでこの方法を覚えておいてください。

 

機内で電源オン?オフ?

ほとんどの人が電源はオフとお答えいただきました。

電源オフで外を見つめる(?)fuku助君。

もしも電源を入れる場合にはご注意を!
飛行機内では通信機器を使ってはいけないことが多いのでお腹のフタを開けてネットワークスイッチをオフにしてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です